銀行カードローンの増額方法とは?

銀行カードローンを増額したいとき

手元に現金が足りない時などに、ATMなどからお金を借りることができる便利な銀行カードローン。銀行という大きな金融機関が取り扱っているという安心感や、他の貸金業者と比較すると低めに設定されている金利などから、多くの方がこの銀行カードローンを利用するようになってきています。

 

そんな人気の高い銀行カードローンのメリットのひとつに、融資限度額が他の貸金業者よりも大きいということがよく挙げられます。たとえば一般的な消費者金融の場合、融資限度額が300万円程度に設定されているのに対して、銀行カードローンはその多くが500万円程度まで貸してくれるようになっているのです。無担保・無保証人でここまで大きな額を借りられるのは大きなメリットであると言えますね。しかし、残念なことに誰でも最初からここまで大きな額の融資を受けられるわけではありません。最初はその人の年収や年齢などの属性によって、銀行側が判断した限度額までしか借りることができない場合がほとんど。どうしても大きな額を借り入れたいというときには、年収を証明できる書類を提出しなければならないというところもあるほどなんです。それでも、銀行カードローンの利用を続けていくと、今よりもカードローンの限度額を増やしてほしいと思うときがありますよね。銀行カードローンは、増額することができるものなのでしょうか?

 

銀行カードローンにも実に様々種類があります。中には増額が不可能になっている商品もありますが、その多くは利用履歴の内容次第によっては増額が可能になっています。増額が可能な銀行カードローンで、実際に融資限度額を増加してもらうために必要なのは、きちんと約定日までに遅れることなく返済を続けていることです。延滞のない返済履歴は、その人の信用度を大きく引き上げてくれます。「この人なら増額してもきちんと返済できそうだ」と銀行側に判断してもらえないと増額にはつながりません。逆に言うと、一度でも延滞したことのある方は当面増額は望めなくなります。きちんと返済するという利用履歴を積み上げていくことが、増額への近道だということができるでしょう。加えて、自分の借り入れ状況を確かめてみましょう。収入に対する現在の返済金額の割合である返済比率を計算して、その数字が30〜40%を超えている場合には増額は望めない可能性が大だと思われます。また銀行カードローン以外の貸金業者からの借り入れが増えているような場合も、増額は厳しいと言わざるを得ないでしょう。

 

こうした点を考えてみて、自分は銀行カードローンの増額をしてもらえそうだと思ったら、借り入れをしている銀行のカードローン担当者に電話などで相談してみましょう。まれに銀行カードローン側から増額を勧められるケースがありますが、待っていてもなかなか増額が見込めない場合には直接相談してみることが増額につながることになります。

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行MR.カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button