銀行カードローンの使い方とは?

銀行カードローンの便利な使い方

銀行カードローンと聞いて、あなたが思い浮かべるのはどのようなことでしょうか?金利がかかるから一度お金を借りたらたくさん返さなければならない、少しでも返済が遅れてしまったら督促の電話がかかってくるような気がする。何となくこうしたイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが、銀行カードローンはその名のとおり信頼できる金融機関である銀行が取り扱っているカードローン。ですから、安心して利用することができるものなんですよ!

 

では、ここで銀行カードローンの便利な使い方をご紹介しましょう。たとえば、友人に急な旅行に誘われた、突然出張の予定が入った、また冠婚葬祭で帰省しなければならなくなったなど、突然少しまとまった現金が必要になることは意外と多くあるものです。そんなときに金融機関の預金や手持ちの現金がないと、どうしても貸金業者からお金を借りることになりますよね。そんなときに便利なのが銀行カードローンです。あらかじめ利用の申し込みさえしておけば、各銀行のATMなどからすぐに融資を受けることができるため、普段は利用していなくてもいざというときのために利用申し込みをしておいて、常にローンカードは携帯しているという方がたくさんいらっしゃいます。

 

そして、いざお金が必要だという場合には融資を受けることになるわけですが、銀行カードローンの金利は日割り計算で利用した日数分にのみかかるようになっています。ですから、借りたお金をできるだけ早く返済すればそれだけ支払う金利を少なく抑えることが可能なのです。ですから、給料日の5日前で手持ちの現金が少ないというようなときに、金利15%で5万円を5日間だけ借りたというような場合には、利息はほんの102円程度しかかかりません。つまり、給料日当日にすぐに返済してしまえば、返済額は50,102円で済むということなのです。確かに、銀行カードローンだけでなくカードローンは全般的に、大きな金額を借りっぱなしにしておくと金利負担が大きくなってしまうことは事実です。しかし、この例のようにできるだけ早く返済すれば、イメージにありがちなパターンのように金利が大きく膨らんで返済が大変になってしまうようなことはないのです。

 

銀行カードローンは、カードローン商品の中でも金利の設定が低くなっているという特徴があります。現金が本当に必要なときに必要な金額だけを借り、できるだけ早く返す。こうした点を心がけた利用を続ければ、銀行カードローンはとても便利で使い勝手のよいものになるのです。

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button