審査通らない銀行カードローンはあるの?

銀行カードローン審査に通りにくい理由

一般的に、他のカードローン商品よりも審査が厳しいと言われている銀行カードローン。消費者金融の審査は大丈夫だったけど、銀行カードローンの審査には落ちてしまったというようは話を耳にしたことがあるという方も、意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、なぜ銀行のカードローンは通りにくいのでしょうか。その理由として考えられることを詳しく見ていきましょう。

 

まず最初に挙げられるのが、複数の借り入れがあるという点です。銀行カードローンの審査に通らない理由で最も多いのがこの複数の借り入れだと考えられます。銀行カードローンのみならず、すべてのカードローンは審査の際に信用情報機関に対して申し込み者の与信情報の問い合わせを行ないます。これによって、いくつの金融機関からどれだけの額の借り入れをしているのかがすぐにわかる仕組みになっているのです。銀行カードローンでは、申し込みの時点ですでに何社まで利用していると審査に通さないという規定を設けているため、この規定の数を超えている場合は審査に通らなくなってしまいます。複数の業者から借り入れがあって、銀行カードローンの審査に通りそうにないという場合には、おまとめローンなどを活用して借り入れを一本化しておくとよいかもしれません。

 

次に考えられるのが、過去のカードローンなどの利用歴の中で返済が滞ったことがあるということです。カードローンは返済を滞らせてしまうと、それが事故情報として信用情報に残ることになります。こうした返済遅延の履歴が数度であればともかく、何度も繰り返しているような場合や督促を受けた履歴があるような場合には審査に通りません。また返済遅延が3カ月以上の長期に渡った場合には、いわゆるブラックリストに登録されることになるため、どの金融機関でもカードローンに申し込めなくなってしまいます。また、意外と知られていないのが「申し込みブラック」と言われる状態のこと。この申し込みブラックとは、1か月以内に複数の貸金業者に利用申し込みを行なうことで、短期間に立て続けに審査を受けようとする姿勢が金銭的に切迫した状態であると判断され、やはり信用情報機関に要注意人物として登録されてしまい、どこの審査を受けても通らなくなってしまうことになります。そんなに切迫しているわけではないけれど、1社だけでは審査に通るかどうか不安だから、この際一気に3社くらい利用申し込みしておこう、なんていう行動は絶対に避けましょう。

 

こうした理由のほかにも、勤続年数が短い方や現住所の確認がとれない方、また電気やガス・水道などの公共料金を滞納している方は信用度が低いと判断されて、審査に通りにくくなってしまいます。

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行MR.カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button