銀行カードローンの審査のコツとは?

銀行カードローンの審査に通るコツ

最近テレビCMなどでもよく目にするようになった、銀行が取り扱うカードローンである銀行カードローン。何といっても安心の金融機関である銀行が扱っているという信頼性の高さや、他の貸金業者よりも低めに設定されている金利、そして銀行ならではの大きな融資限度額などで人気を集めています。しかしこうした好条件の半面、銀行カードローンは審査が厳しくて通らないことも珍しくはないとの声が聞こえるのも事実です。同じお金を借りるのであれば、できるだけよい条件のところで借りたいと誰でも思うもの。では、銀行カードローンの審査に通るためには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。審査に通るためのコツを調べてみましょう。

 

どの貸金業者の審査においても共通して言えることですが、お金を貸す側は「この人は本当にきちんとした返済能力を持っているか」ということをまず第一に重視するものです。申し込み者の年収や年齢などを重視するのはもちろんですが、継続して返済を続けていけるかどうかという点は特に厳しくチェックされていると考えた方がよいでしょう。ですから、銀行カードローンに申し込む際には少なくとも1年以上は継続して今の会社に勤め続けている必要があるかと思います。すぐに仕事を変えてしまい、収入が不安定になりがちな方の場合、継続した返済能力がないとみなされる可能性が高くなります。勤続年数はできるだけ長い状態で申し込むとよいのではないでしょうか。

 

次に、意外と知られていないのがカードローン以外のお金にまつわる利用や支払いの状況に関する点です。銀行カードローンを含めて、今までにほかの貸金業者をあまり利用していないという方の場合、過去に長期にわたる返済延滞などがなければ問題なく審査に通るものだと思われがちですが、実は銀行カードローンの審査ではクレジットカードの利用状況や公共料金の支払い状況なども確認されることがあるのです。たとえば、クレジットカードで買い物をした代金の支払いを延滞していたり、水道やガス・電気などの公共料金を延滞していて止められているような場合には、信用度が低いと判断されてしまう場合があります。銀行カードローンに申し込む際には、事前にこうした延滞がないかをしっかりと確認して遅れている支払いはすべて済ませ、お金に関する利用状況をしっかりとキレイにしておくことが重要なのです。

 

またこれは当然のことですが、申し込みの際には絶対にウソを申告しないこと!少しでも自分の与信情報を良くしようとして、年収や勤続年数、勤務先などにウソを記入する方がいらっしゃいますが、そんなことをしても銀行側にはすぐにバレてしまいます。一度こうした虚偽の内容で申し込みを行なうと、ほかの貸金業者の審査にも通らなくなってしまう可能性があります。銀行カードローンに申し込む際には、すべて本当のことを記入するようにしてください。

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button