おまとめローンの審査とは?

銀行カードローンをおまとめローンに使う

カードローンを利用してお金を借りるときに、多くの方が気になることがカードローンの金利なのではないでしょうか。それぞれ理由があってお金を借りるわけですが、できることならできるだけ金利の低いところから借り入れて、返済する額を少しでも少なくしたいと思うものですよね。しかし、どんどん便利になっていくカードローンの利用環境の変化に伴って、複数の貸金業者でお金を借りている方が増えています。改正貸金業法の施行によってグレーゾーン金利が撤廃されたものの、やや高めの金利設定になっている消費者金融などから多額のお金を借り入れ、返済を続けてもなかなか完済できないという方がいらっしゃいます。また、長引く不況の影響などで収入が減ってしまい、毎月の返済が家計を圧迫しているという方も増えているようです・・・。

 

このような状況を改善するために最適なのは、できるだけ金利の低いカードローンに借り換えること。中でも銀行カードローンは他の貸金業者と比較すると、かなり金利の設定が低くなっているうえに融資限度額も大きめなので、借り換えには最適だということができます。たとえば、とある消費者金融の貸し付け金利は年7.7%〜18.0%という設定になっていますが、銀行カードローンでは一般的に年4.6%〜14.6%程度となっているところが多く、同じ金額を借り入れても銀行カードローンの方が設定されている金利が低くなっている場合がよくあるのです。これなら、より金利の低い銀行カードローンに早めに借り換えた方がよいということになります。

 

とはいえ、カードローンの借り換えって何となく手続きが面倒なのでは?と思いがちなものです。確かに、平日は朝から夜までお仕事で忙しいというような方の場合は、なかなか手続きや借り換えに最適な銀行カードローン選びに時間を割けないというのが実情でしょう。しかし、銀行カードローンをおまとめローンに使うことには、じつにさまざまなメリットがあるものなのです。特に複数ある借金を一本にまとめてしまうような場合には、1か月のうちに何回かある返済日を1日にしてしまうことで、返済スケジュールの管理をとてもラクにすることができます。また、より低金利なものに借り換えることによって返済総額を減らすことができるだけでなく、返済期間を伸ばすことができれば毎月の返済額を今よりも抑えることも可能になります。このように借り換えをすれば、返済計画を具体的に見直さなければならないので、意識的かつ計画的に返済していくことができるようにもなります。

 

また不安な手続きなどに関しても、審査の際に「おまとめローン」として活用したい旨を明確にしておけば、借り換え先の銀行カードローン会社と相談しながらスムーズに借り換え手続きができるようになっています。最近はおまとめローン用として取り扱われている銀行カードローンも登場していますので、こうした商品を上手に活用するとよいかもしれません。

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button