銀行カードローンのメリット・デメリットとは?

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンと聞くと、比較的低金利でお金を借りることができるうえに、銀行という大手の金融機関だから何となく安心、というようなイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。しかし、銀行カードローンといっても貸し付け条件やサービス内容などは各銀行で実にさまざま。また相手が安心できる大手の金融機関の銀行だからといって、取引の条件や内容がすべてメリットばかり!という訳ではありません。銀行系ならではのデメリットが存在しているのも事実なのです。自分にとって損のない、快適なカードローンの利用環境を整えるためには、銀行カードローンのメリットとデメリット、両方をしっかりと把握しておく必要があるのです。

 

ではまず、銀行カードローンのメリットから確認してみることにしましょう。まず最初に挙げられる最大のメリットは、何といっても信頼性が高いということでしょう。誰もが知っているような大手の都銀から、親しみのある地域の地銀まで数多くの銀行がカードローンの取り扱いをしています。普段からお付き合いのあるところや、大手の都銀などであれば安心して利用することができますね。加えて、利便性がとても高いという点もメリットの一つでしょう。銀行であれば、カードローンの借り入れや返済時に利用するATMが生活圏内や駅周辺などに数多くあるため、普段の通勤や買い物などのついでに利用することができるので、とても便利に使いこなせるのはうれしいポイントです。

 

またこうした点のほかに挙げられるメリットとしては、消費者金融などの他の金融機関と比較すると、銀行カードローンは金利が低めの設定になっていることがあります。すでに借り入れのあるところよりも低金利な銀行カードローンに借り換えることで、返済総額をグっと抑えることも可能になるため、中にはおまとめローンとして銀行カードローンを活用される方もいらっしゃるほどです。

 

逆にデメリットとしてよく挙げられるのが、ほかのカードローン金融機関と比較すると審査がやや厳しい傾向にあるということでしょうか。また、中には最短で融資が可能なものもありますが、銀行カードローンは基本的に審査に2〜3営業日を要するところが多くなっています。どうしても急いで融資を受けたいという方の場合、必要な日までに間に合わないということもあるかもしれません。また、利用している銀行カードローンが変動金利制を導入している場合、市場の金利の情勢によっては金利が上昇する可能性があるということもデメリットとして挙げられるでしょう。

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button