銀行カードローンに必要なものとは?

銀行カードローン契約時に必要なもの

最近はどのカードローン会社でも、窓口に足を運ぶことなくインターネットを介して申し込み手続きができるようになっていることは、皆さんすでによくご存知でしょう。銀行カードローンも例外なく、そのほとんどが窓口に足を運ぶことなくすべての手続きをインターネットと郵送だけで済ますことができるようになってきています。しかし、銀行側もお金を貸すからには、きちんと金利分まで回収しなければカードローンが事業として成り立ちません。そのために、銀行カードローンの申し込み時には、申し込んだすべての方が審査を受けることになります。その審査を受けるために、申し込み時にいくつか必要になるものがあるのです。

 

銀行カードローンへの申し込み時に必要になる書類は各銀行によって異なる場合がありますが、多くの場合が本人であることを確認できる書類と、所得を証明できる書類の2種類となっています。まず本人を確認できる書類についてですが、具体的には健康保険証や運転免許証・パスポートなどの身元と住所を確認できるものが必要になります。これは現物である必要はありませんので、あらかじめ最寄りのコンビニエンスストアなどでコピーをとって手元に準備しておくとよいでしょう。また、コピーに関しては直近に発行されているものしか有効にはなりません。失効している運転免許証やパスポートなどは使えませんので、コピーをとる前に必ず確認するようにしましょう。

 

次に、所得を証明できるものに関してですが、これは50万円以下の少額融資の場合は必要でないところもあります。しかし、50万円を超える金額の融資を受ける際には、ほとんどの銀行カードローンで所得証明が必要になります。具体的には、源泉徴収票や住民税決定通知書、確定申告書、給与証明書などの書類が必要になります。こうした書類は手元に用意するまでにある程度の時間を要する場合がありますので、できるだけ早く融資を受けたいという際には申し込み時までに用意しておくとよいでしょう。またこうした所得を証明する書類が準備できない場合には、お住まいの各市町村の発行する所得証明書を用意できれば大丈夫です。

 

銀行カードローンの契約時には、こうした書類が必ず必要となります。必要書類がすべて揃うまでは審査やその他の手続きを進めることができず、カードローンで融資を受けることができません。スムーズに手続きを進めるためにも、申し込みまでに余裕を持ってこうした書類の準備をしておくことをおすすめします。

 

また、銀行カードローンの融資を受ける際には基本的に保証人は不要であるとしているところが多いですが、融資額や属性、借り入れの目的等の理由によって保証人が必要となるケースも少なからずあるようです。

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button