銀行カードローンの返済計画とは?

銀行カードローンは返済計画をしっかりと

突然、お金が必要になったときにあなたの強い味方になってくれる銀行カードローン。あらかじめ設定されている融資限度額までであれば、それ以前の借り入れ額を返済中でも新たにお金を借りることができるタイプのものも多いことや、利用できるATMの数がたくさんあることなどから、ついつい気軽に繰り返して利用してしまいがちな方も多いのではないでしょうか・・・。他の貸金業者と比較すると金利の設定が低くなっていることから、、何となくオトクな感じがする銀行カードローンですが、お金を借りているということは借金をしているということにいは違いありません。借りたものは必ず返さなければならないのは当然のこと。きちんとした返済計画を立てて、それに基づいて利用しなければなりません。返済についてあまり深く考えずに利用を続けると、返済が家計をどんどん圧迫してしまうことにも繋がりかねないからです。

 

では、返済計画を立てる際にはどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。まず借り入れ前にしっかりと確認しておかなければならないのが、自分の現在の家計がどのような状況になっているのかということです。毎月の決まった定収入はいくらあって、その中から生活費にどの程度お金を使っているのか、またどのくらいの金額であれば毎月無理なく返済できそうなのかをしっかりとはじき出しましょう。また、返済が長期に渡る可能性がある場合には、冠婚葬祭費などの急な出費がある可能性も考慮に入れて、更に資金に余裕を持たせる必要が出てきます。

 

次に、銀行カードローンの返済方法についてチェックしましょう。銀行カードローンの多くは「リボルビング返済方式」と「元金(または元利)均等返済方式」の種類の返済方法を採用しています。「リボルビング返済方式」は毎月決まった金額を返済していく方法なので、返済計画を立てやすいというメリットがある一方、借り入れ額が多い場合には元金がなかなか減らないため、返済期間が長期化しやすいというデメリットがあります。また「元金(または元利)均等返済方式」の場合は、借り入れた金額を決められた月数で割って返済するため、借り入れた金額が多ければ多いほど毎月の返済額が増えることになります。どちらの返済方法が自分に合うかは、定収入の額やライフスタイルによって変わってきますので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

また返済方法以外にも、返済パターンがどのようになっているのかを確認することも大切です。銀行カードローンの返済は1か月に1回のサイクルになっていますが、返済のパターンは各銀行によって違っています。たとえば、毎月1日や15日などの決められた日に返済するパターンもあれば、30日後や35日後といったようにサイクル方式で返済するようになっている場合もあります。パターンがどのようになっているかによって、返済のリズムや資金計画も大きく左右されることになりますので、返済方式と併せてこの返済パターンもしっかり確認するようにしましょう。

 

こうしたことを踏まえて、銀行カードローンは借り入れ前に綿密な返済計画を立ててから利用するようにしてください。

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行MR.カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button