銀行カードローンの比較とは?

銀行カードローン比較ガイド【審査・金利どう?】

このところ多くの銀行で取り扱うようになってきている銀行カードローン。同じような金融機関である各銀行で取り扱われているのだから、どこのカードローンを選んでもあまり差がないと思われがちかもしれませんが、銀行のカードローンにはそれぞれの銀行・商品によってさまざまな特徴があるほか、各銀行でさまざまな違ったサービスを提供しているため、銀行カードローンを選ぶ際にはしっかりと比較・検討して自分に合ったものを選ぶ必要があるのです。このサイトでは人気の銀行について金利や審査・サービスなどを比較して最適なところを探ってまいりたいと思います!

 

今いちばんおすすめの銀行ローンはこちら

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

銀行カードローンの選び方

 

このところ、多くの銀行で取り扱うようになってきている銀行カードローン。同じような金融機関である各銀行で取り扱われているのだから、どこのカードローンを選んでもあまり差がないと思われがちかもしれませんが、銀行のカードローンにはそれぞれの銀行・商品によってさまざまな特徴があるほか、各銀行でさまざまな違ったサービスを提供しているため、銀行カードローンを選ぶ際にはしっかりと比較・検討して自分に合ったものを選ぶ必要があるのです。

 

では、銀行カードローンを選ぶ際にはどのようなポイントをチェックする必要があるのでしょうか。銀行カードローンの最大の特徴は、なんといっても銀行という大手の金融機関であるという安心感の高さと、提供しているサービスの多彩さ、金利の低さです。

 

安心感とサービスの内容

 

安心感の高さで言えば、銀行であればどこもある程度は信頼して利用することができるかとは思いますが、融資の限度額や適用される金利、また利用できるATMの数、カード発行までの最短日数などは各銀行によってかなり差があるのが実情です。そのため、まずは自分がどのような点を重視するのかをはっきりさせておかなければなりません。

 

融資限度額

 

たとえば、融資限度額だけで比較してみればほとんどの銀行カードローンが500万円までとなっていることが分かります。ネットバンク系では700万円までの大きな限度額になっているところもあり、どうしても限度額の大きいところがよいということであれば、こうした銀行カードローンを必然的に選ぶことになります。

 

低金利

 

また、どうしても金利の低さにこだわりたいという場合は、表示されている最低金利だけではなく融資額によって段階的に設定されている金利をしっかりと調べなければなりません。たとえばとある銀行カードローンでは、最低適用金利が年5.1%となっていますが、これは400~500万円の融資を受ける際の金利。

 

50~100万円の融資額の際には年11.6%の金利が適用されることになります。この差はかなり大きいもの。ですから、希望する融資額の金利をしっかりと調べる必要があるのです。

 

審査・融資のスピード

 

次にカード発行までの最短日数ですが、銀行カードローンは他の金融機関に比べて低金利・信頼性の高さというメリットがある分、審査がやや厳しくなる傾向があります。そのため、カード発行までの日数も数日間を要する場合が多いようです。どうしても急いで融資を受けたいという場合には、最短で融資が可能な銀行カードローンを選ばなければなりません。

 

審査スピードならWEB申込ができる銀行カードローンがおすすめです。スマホやパソコンから24時間365日申込できる利便性の高さはとても魅力的です。

 

img

ネット申し込みOKの銀行カードローンについて詳しくご紹介しているページもございますので参考にして下さい。
ネット銀行カードローン審査甘い?おすすめ銀行比較【金利は?】

 

コンビニATMが使えるかどうか?

 

また、利便性の高さを求めたいという方の場合は、各銀行カードローンのサービス内容を吟味されることをお勧めします。

 

特に最近では提携コンビニATMが使えるかどうかというのが重視される傾向があります。

 

銀行ATMはわりと早い時間に締まってしまいますから、早朝や深夜でもお金が引き出せたり、返済ができるコンビニATMが使えるかどうか、その手数料が無料かどうかという点もしっかりチェックしていただきたいですね。

 

また、カードローンの返済口座の残高が不足した場合、融資限度額の範囲内で自動的に融資を行う自動貸越機能サービスが付帯されている銀行カードローンもありますし、身近なところに使えるATMがたくさん欲しいという方は地元の地銀の銀行カードローンを利用するという手もあるでしょう。

 

このように、自分の利用スタイルや希望に即したポイントをしっかりと比較して、銀行カードローンを選ぶように心がけましょう。

おすすめ銀行カードローン比較ガイド

銀行名 バンクイック 住信SBI銀行MR.カードローン ジャパンネット銀行カードローン
金利 1.8~14.6% 0.99~14.79% 項目3
限度額 500万円 1200万円 項目3
無利息期間 なし なし あり
スマホ対応
コンビニATM手数料 何度でも0円 何度でも0円 月1回無料

銀行カードローンのメリット

img

 

ではまず、銀行カードローンのメリットから確認してみることにしましょう。

 

信頼性の高さ

 

まず最初に挙げられる最大のメリットは、何といっても信頼性が高いということでしょう。

 

誰もが知っているような大手の都銀から、親しみのある地域の地銀まで数多くの銀行がカードローンの取り扱いをしています。

 

普段からお付き合いのあるところや、大手の都銀などであれば安心して利用することができますね。

 

利便性の高さ

 

加えて、利便性がとても高いという点もメリットの一つでしょう。

 

銀行であれば、カードローンの借り入れや返済時に利用するATMが生活圏内や駅周辺などに数多くあるため、普段の通勤や買い物などのついでに利用することができるので、とても便利に使いこなせるのはうれしいポイントです。

 

低金利

 

またこうした点のほかに挙げられるメリットとしては、消費者金融などの他の金融機関と比較すると、銀行カードローンは金利が低めの設定になっていることがあります。

 

すでに借り入れのあるところよりも低金利な銀行カードローンに借り換えることで、返済総額をグっと抑えることも可能になるため、中にはおまとめローンとして銀行カードローンを活用される方もいらっしゃるほどです。

銀行カードローンのデメリット

img

 

銀行カードローンと聞くと、比較的低金利でお金を借りることができるうえに、銀行という大手の金融機関だから何となく安心、というようなイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、銀行カードローンといっても貸し付け条件やサービス内容などは各銀行で実にさまざま。

 

また相手が安心できる大手の金融機関の銀行だからといって、取引の条件や内容がすべてメリットばかり!という訳ではありません。

 

銀行系ならではのデメリットが存在しているのも事実なのです。自分にとって損のない、快適なカードローンの利用環境を整えるためには、銀行カードローンのメリットとデメリット、両方をしっかりと把握しておく必要があるのです。

 

審査が厳しい?

 

逆にデメリットとしてよく挙げられるのが、ほかのカードローン金融機関と比較すると審査がやや厳しい傾向にあるということでしょうか。

 

こちらは一般的に言われていることですが、人によってその審査が厳しいか甘いかという判断は分かれそうです。

 

審査時間が長い傾向がある?

 

また、中には最短で融資が可能なものもありますが、銀行カードローンは基本的に審査に2~3営業日を要するところが多くなっています。

 

どうしても急いで融資を受けたいという方の場合、必要な日までに間に合わないということもあるかもしれません。

 

また、利用している銀行カードローンが変動金利制を導入している場合、市場の金利の情勢によっては金利が上昇する可能性があるということもデメリットとして挙げられるでしょう。

 

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行MR.カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button

銀行カードローン審査に通りにくい人の特徴

一般的に、他のカードローン商品よりも審査が厳しいと言われている銀行カードローン。

 

消費者金融の審査は大丈夫だったけど、銀行カードローンの審査には落ちてしまったというようは話を耳にしたことがあるという方も、意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、なぜ銀行のカードローンは通りにくいのでしょうか。その理由として考えられることを詳しく見ていきましょう。

 

複数の借り入れがある人

 

まず最初に挙げられるのが、複数の借り入れがあるという点です。銀行カードローンの審査に通らない理由で最も多いのがこの複数の借り入れだと考えられます。

 

銀行カードローンのみならず、すべてのカードローンは審査の際に信用情報機関に対して申し込み者の与信情報の問い合わせを行ないます。これによって、いくつの金融機関からどれだけの額の借り入れをしているのかがすぐにわかる仕組みになっているのです。

 

銀行カードローンでは、申し込みの時点ですでに何社まで利用していると審査に通さないという規定を設けているため、この規定の数を超えている場合は審査に通らなくなってしまいます。複数の業者から借り入れがあって、銀行カードローンの審査に通りそうにないという場合には、おまとめローンなどを活用して借り入れを一本化しておくとよいかもしれません。

 

img

おまとめローンやショッピングリボからのおまとめローンについて特集している記事もございますので、興味のある方は参考にどうぞ。
おまとめローン銀行はどう?審査通りやすい?【おすすめは?】

 

いわゆるブラックリストの人

 

次に考えられるのが、過去のカードローンなどの利用歴の中で返済が滞ったことがあるということです。

 

カードローンは返済を滞らせてしまうと、それが事故情報として信用情報に残ることになります。こうした返済遅延の履歴が数度であればともかく、何度も繰り返しているような場合や督促を受けた履歴があるような場合には審査に通りません。また返済遅延が3カ月以上の長期に渡った場合には、いわゆるブラックリストに登録されることになるため、どの金融機関でもカードローンに申し込めなくなってしまいます。

 

また、意外と知られていないのが「申し込みブラック」と言われる状態のこと。

 

この申し込みブラックとは、1か月以内に複数の貸金業者に利用申し込みを行なうことで、短期間に立て続けに審査を受けようとする姿勢が金銭的に切迫した状態であると判断され、やはり信用情報機関に要注意人物として登録されてしまい、どこの審査を受けても通らなくなってしまうことになります。

 

そんなに切迫しているわけではないけれど、1社だけでは審査に通るかどうか不安だから、この際一気に3社くらい利用申し込みしておこう、なんていう行動は絶対に避けましょう。

 

勤続年数も関係することが

 

こうした理由のほかにも、勤続年数が短い方も審査には不利になることがあるようです。

 

これは安定した収入という面からでしょうか。

 

その他信用度が低いと判断されそうな人

 

あとは、現住所の確認がとれない方や在籍確認で問題があった方なども審査は厳しいですね。

 

また電気やガス・水道などの公共料金を滞納している方は信用度が低いと判断されて、審査に通りにくくなってしまいます。

銀行カードローンの審査に通るコツ

 

最近テレビCMなどでもよく目にするようになった、銀行が取り扱うカードローンである銀行カードローン。

 

何といっても安心の金融機関である銀行が扱っているという信頼性の高さや、他の貸金業者よりも低めに設定されている金利、そして銀行ならではの大きな融資限度額などで人気を集めています。しかしこうした好条件の半面、銀行カードローンは審査が厳しくて通らないことも珍しくはないとの声が聞こえるのも事実です。同じお金を借りるのであれば、できるだけよい条件のところで借りたいと誰でも思うもの。

 

では、銀行カードローンの審査に通るためには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。審査に通るためのコツを調べてみましょう。

 

返済能力

 

どの貸金業者の審査においても共通して言えることですが、お金を貸す側は「この人は本当にきちんとした返済能力を持っているか」ということをまず第一に重視するものです。申し込み者の年収や年齢などを重視するのはもちろんですが、継続して返済を続けていけるかどうかという点は特に厳しくチェックされていると考えた方がよいでしょう。

 

ですから、銀行カードローンに申し込む際には少なくとも1年以上は継続して今の会社に勤め続けている必要があるかと思います。すぐに仕事を変えてしまい、収入が不安定になりがちな方の場合、継続した返済能力がないとみなされる可能性が高くなります。勤続年数はできるだけ長い状態で申し込むとよいのではないでしょうか。

 

過去のローン利用や返済状況

 

次に、意外と知られていないのがカードローン以外のお金にまつわる利用や支払いの状況に関する点です。

 

銀行カードローンを含めて、今までにほかの貸金業者をあまり利用していないという方の場合、過去に長期にわたる返済延滞などがなければ問題なく審査に通るものだと思われがちですが、実は銀行カードローンの審査ではクレジットカードの利用状況や公共料金の支払い状況なども確認されることがあるのです。

 

たとえば、クレジットカードで買い物をした代金の支払いを延滞していたり、水道やガス・電気などの公共料金を延滞していて止められているような場合には、信用度が低いと判断されてしまう場合があります。銀行カードローンに申し込む際には、事前にこうした延滞がないかをしっかりと確認して遅れている支払いはすべて済ませ、お金に関する利用状況をしっかりとキレイにしておくことが重要なのです。

 

嘘の申告をしない

 

またこれは当然のことですが、申し込みの際には絶対にウソを申告しないこと!

 

少しでも自分の与信情報を良くしようとして、年収や勤続年数、勤務先などにウソを記入する方がいらっしゃいますが、そんなことをしても銀行側にはすぐにバレてしまいます。一度こうした虚偽の内容で申し込みを行なうと、ほかの貸金業者の審査にも通らなくなってしまう可能性があります。

 

銀行カードローンに申し込む際には、すべて本当のことを記入するようにしてください。

銀行カードローン契約時の必要書類

img

 

最近はどのカードローン会社でも、窓口に足を運ぶことなくインターネットを介して申し込み手続きができるようになっていることは、皆さんすでによくご存知でしょう。銀行カードローンも例外なく、そのほとんどが窓口に足を運ぶことなくすべての手続きをインターネットと郵送だけで済ますことができるようになってきています。

 

しかし、銀行側もお金を貸すからには、きちんと金利分まで回収しなければカードローンが事業として成り立ちません。そのために、銀行カードローンの申し込み時には、申し込んだすべての方が審査を受けることになります。その審査を受けるために、申し込み時にいくつか必要になるものがあるのです。

 

銀行カードローンへの申し込み時に必要になる書類は各銀行によって異なる場合があります。

 

多くの場合が本人であることを確認できる書類と、所得を証明できる書類の2種類となっています。

 

本人であることを確認できる書類

 

まず本人を確認できる書類についてですが、具体的には健康保険証や運転免許証・パスポートなどの身元と住所を確認できるものが必要になります。

 

これは現物である必要はありませんので、あらかじめ最寄りのコンビニエンスストアなどでコピーをとって手元に準備しておくとよいでしょう。

 

また、コピーに関しては直近に発行されているものしか有効にはなりません。失効している運転免許証やパスポートなどは使えませんので、コピーをとる前に必ず確認するようにしましょう。

 

所得を証明できる書類

 

次に、所得を証明できるものに関してですが、これは50万円以下の少額融資の場合は必要でないところもあります。

 

しかし、50万円を超える金額の融資を受ける際には、ほとんどの銀行カードローンで所得証明が必要になります。具体的には、源泉徴収票や住民税決定通知書、確定申告書、給与証明書などの書類が必要になります。こうした書類は手元に用意するまでにある程度の時間を要する場合がありますので、できるだけ早く融資を受けたいという際には申し込み時までに用意しておくとよいでしょう。

 

またこうした所得を証明する書類が準備できない場合には、お住まいの各市町村の発行する所得証明書を用意できれば大丈夫です。

 

 

 

銀行カードローンの契約時には、こうした書類が必ず必要となります。必要書類がすべて揃うまでは審査やその他の手続きを進めることができず、カードローンで融資を受けることができません。スムーズに手続きを進めるためにも、申し込みまでに余裕を持ってこうした書類の準備をしておくことをおすすめします。

 

また、銀行カードローンの融資を受ける際には基本的に保証人は不要であるとしているところが多いですが、融資額や属性、借り入れの目的等の理由によって保証人が必要となるケースも少なからずあるようです。

銀行カードローンの申し込みの流れ

 

銀行カードローンを利用したいと思った場合、どのような流れで申し込み手続きを行なえば良いのでしょうか。従来、カードローンは金融機関の窓口で直接申し込みをしたり、窓口やATMなどに設置されている申し込み書を利用して郵送するという形で手続きをすることが多かったのですが、近年はほとんどの銀行カードローンがインターネットを介して申し込み手続きが行なえるようになってきています。こうしたオンライン申し込み手続きは、郵送に比べると手続きに要する時間が短い上に、直接店頭まで足を運ぶという手間がかからないためにとても便利なのです。

 

では、インターネットを利用してオンラインで申し込み手続きをした場合の流れについて、具体的にご紹介しましょう。まずは申し込みをしたい銀行の公式サイトにアクセスし、そこからカードローン申し込みのページにアクセスします。「お申し込みはこちら」というバナーをクリックすると、多くの場合、申し込みにあたっての注意点などが記載されたページにつながります。記載事項が多くて読むのが面倒かもしれませんが、銀行カードローンの利用に関して重要なことがたくさん書いてありますので、できるだけきちんと読むようにしましょう。ここまできたら、次は申し込みフォームに必要事項を漏れなく入力します。このとき、世帯収入や他社の借り入れ金額については絶対にウソをつかないように気をつけてください。心証を良くしようとウソをついても、必ず見破られてしまうばかりか審査に通らなくなってしまいます。

 

申し込みフォームに必要事項を入力して送信すると、送られてきた内容に基づいて銀行側で審査を行なうことになります。最近は申し込み後数分で審査の回答をメールや電話で知らせてくれる銀行が増えていますが、審査と回答に要する時間は各銀行によって差があります。とにかく急ぎたいという場合には、審査に要する時間を事前にチェックしておくとよいでしょう。最短融資が可能な銀行カードローンの場合は、審査後にファックスなどで運転免許証等の本人確認書類を送ることで、現金は口座に、またカードは後日郵送という形で利用し始めることができます。また審査に時間を要する銀行の場合は、審査通過後に送られてくる契約書類に必要事項を記入し、身分証明書などの必要書類を同封の上返送、その後に送られてくる銀行カードローンのカードを手にして初めて借り入れができる、というところもあります。

 

このように、最短融資が可能なところと審査に時間を要するところとでは、利用開始までに1週間ほどの差が出る場合があります。一般的に、銀行カードローンの利用に際してその銀行で口座を開設する必要がないところが多いのですが、中には既に口座を開設している方だと、スムーズに申し込み手続きが完了するというシステムになっている銀行カードローンもあるようです。

最短融資可能な銀行カードローン

 

とにかく急いで現金が必要だ!そんなときにお金を借りることができるカードローン。世の中にたくさん存在しているカードローンの中には、インターネット上の簡易審査なら時間が掛からず結果が出て、最短融資が可能なものがたくさんあります。でも、どんなに急いでいるからといってスピーディーに貸してくれるところであれば、どこでもいいという訳にはいきません。後に返済することを考えれば、できることなら安心して利用することができる大手の貸金業者で、低めの金利でお金を借りたいと思うものですよね。それなら、安心の金融機関である銀行が提供している、銀行カードローンがおすすめですよ!

 

でも、銀行カードローンは貸金業者の中でも金利が低めで融資限度額が大きいなど、貸し付け条件が良い代わりに、審査内容が他よりも厳しくて時間がかかる傾向があると言われています。申し込みから融資の実行までに数日かかることも珍しくないものが多いため、今までは急いで融資を受けたいという方は、銀行カードローンを利用したいと思う気持ちはあっても、最短融資に対応してくれる別の貸金業者を利用することがよくありました。

 

しかし、最近は銀行カードローンの中にもスピーディーな融資に対応してくれるところが増えてきており、翌日には融資を受けることができるようになってきています。また中には決まった時間までに審査を受けることができれば、最短融資に対応してくれる銀行カードローンも登場しています。こうしたものを上手に活用することができれば、急いで現金が必要になったというような場合でも、ケース次第では銀行カードローンで最短融資を受けることができるのです。

 

特に、銀行のATMコーナーなどの横に「テレビ窓口」と呼ばれる消費者金融の無人契約機のような機械が置かれている銀行は、最短融資に対応できる可能性があります。また、普段からよく利用している銀行でATMを操作しているときに、画面上にその銀行が取り扱っているカードローンの申し込みの勧誘画面が出てきても、スピーディーにカードローン利用の申し込み手続きを完了させることができます。

 

銀行カードローンの融資は、手続きのスピーディーさが必須。ですから、申し込み内容に虚偽があったり、必要書類が足りないといったことになると、せっかくの最短融資が間に合わなくなる可能性があります。銀行カードローンで申し込み後に最短融資を希望する場合には、必要書類などの準備をしっかりとしたうえで、最短融資対応可の銀行を選ぶようにしましょう。

 

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行MR.カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button