銀行カードローンの比較とは?

バンクイックは24時間申し込み可能!時間を気にせず借りれる!

banquic01_temp

banquic01_button

 

 

 

銀行カードローンの選び方

このところ、多くの銀行で取り扱うようになってきている銀行カードローン。同じような金融機関である各銀行で取り扱われているのだから、どこのカードローンを選んでもあまり差がないと思われがちかもしれませんが、銀行のカードローンにはそれぞれの銀行・商品によってさまざまな特徴があるほか、各銀行でさまざまな違ったサービスを提供しているため、銀行カードローンを選ぶ際にはしっかりと比較・検討して自分に合ったものを選ぶ必要があるのです。

 

では、銀行カードローンを選ぶ際にはどのようなポイントをチェックする必要があるのでしょうか。銀行カードローンの最大の特徴は、なんといっても銀行という大手の金融機関であるという安心感の高さと、提供しているサービスの多彩さ、金利の低さです。

 

安心感の高さで言えば、銀行であればどこもある程度は信頼して利用することができるかとは思いますが、融資の限度額や適用される金利、また利用できるATMの数、カード発行までの最短日数などは各銀行によってかなり差があるのが実情です。そのため、まずは自分がどのような点を重視するのかをはっきりさせておかなければなりません。

 

たとえば、融資限度額だけで比較してみればほとんどの銀行カードローンが500万円までとなっていることが分かります。ネットバンク系では700万円までの大きな限度額になっているところもあり、どうしても限度額の大きいところがよいということであれば、こうした銀行カードローンを必然的に選ぶことになります。

また、どうしても金利の低さにこだわりたいという場合は、表示されている最低金利だけではなく融資額によって段階的に設定されている金利をしっかりと調べなければなりません。たとえばとある銀行カードローンでは、最低適用金利が年5.1%となっていますが、これは400〜500万円の融資を受ける際の金利。

 

50〜100万円の融資額の際には年11.6%の金利が適用されることになります。この差はかなり大きいもの。ですから、希望する融資額の金利をしっかりと調べる必要があるのです。

 

次にカード発行までの最短日数ですが、銀行カードローンは他の金融機関に比べて低金利・信頼性の高さというメリットがある分、審査がやや厳しくなる傾向があります。そのため、カード発行までの日数も数日間を要する場合が多いようです。どうしても急いで融資を受けたいという場合には、最短で融資が可能な銀行カードローンを選ばなければなりません。

 

また、利便性の高さを求めたいという方の場合は、各銀行カードローンのサービス内容を吟味されることをお勧めします。たとえば、カードローンの返済口座の残高が不足した場合、融資限度額の範囲内で自動的に融資を行う自動貸越機能サービスが付帯されている銀行カードローンもありますし、身近なところに使えるATMがたくさん欲しいという方は地元の地銀の銀行カードローンを利用するという手もあるでしょう。

 

このように、自分の利用スタイルや希望に即したポイントをしっかりと比較して、銀行カードローンを選ぶように心がけましょう。

銀行カードローンおすすめランキング

バンクイック

banquic01_temp

banquic01_button

 

住信SBI銀行カードローン

sbi_temp

sbi_button

 

ジャパンネット銀行カードローン

japannet_temp

japannet_button

銀行カードローン比較一覧【Q&A】関連ページ

銀行カードローンの審査に通るコツ
銀行カードローンの審査に通るためには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。審査に通るためのコツを調べてみましょう。
おまとめローンに銀行カードローンを使うメリット
複数ある借金をひとつにまとめてしまうことで、返済スケジュールの管理をラクにしたり、返済総額を減らしたりすることができるというメリットがあるため、最近は金利の低いカードローンをおまとめローンとして上手に活用している方が増えていると言われています。
銀行カードローンを増額したいとき
銀行カードローンの利用を続けていくと、今よりもカードローンの限度額を増やしてほしいと思うときがありますよね。銀行カードローンは、増額することができるものなのでしょうか?
銀行カードローンの安心の利用法
きちんと計画的に利用しなければ、返済が家計を圧迫してしまうことにもつながりかねません。そこで、安心して利用するための心得を事前に確認しておきましょう。
即日融資可能な銀行カードローン
できることなら安心して利用することができる大手の貸金業者で、低めの金利でお金を借りたいと思うものですよね。それなら、安心の金融機関である銀行が提供している、銀行カードローンがおすすめですよ!
銀行カードローンのメリット・デメリット
自分にとって損のない、快適なカードローンの利用環境を整えるためには、銀行カードローンのメリットとデメリット、両方をしっかりと把握しておく必要があるのです。
銀行カードローンの便利な使い方
銀行カードローンの便利な使い方をご紹介しましょう。たとえば、友人に急な旅行に誘われた、突然出張の予定が入った、また冠婚葬祭で帰省しなければならなくなったなど、突然少しまとまった現金が必要になることは意外と多くあるものです。
銀行カードローンの申し込みの流れ
インターネットを利用してオンラインで申し込み手続きをした場合の流れについて、具体的にご紹介しましょう。まずは申し込みをしたい銀行の公式サイトにアクセスし、そこからカードローン申し込みのページにアクセスします。
銀行カードローンと総量規制
総量規制の対象は消費者金融に信販会社・クレジット会社・事業者金融会社などのいわゆる貸金業者からの借り入れに限られています。そう、つまり銀行カードローンは総量規制の対象外なのです。
銀行カードローンをおまとめローンに使う
審査の際に「おまとめローン」として活用したい旨を明確にしておけば、借り換え先の銀行カードローン会社と相談しながらスムーズに借り換え手続きができるようになっています。
銀行カードローン審査に通りにくい理由
消費者金融の審査は大丈夫だったけど、銀行カードローンの審査には落ちてしまったというようは話を耳にしたことがあるという方も、意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。
銀行カードローンの審査基準
銀行カードローンの審査が厳しいという噂を耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。事実、一般的な貸金業者と比較すると、銀行カードローンの審査基準は厳しく設定されていて、申し込み条件をクリアしていても審査に通らないというような例があるようです。
銀行カードローンの返済方法
お金を借りたら、きちんと滞りなく返済し続けるのは至極当然のことです。そのためには、銀行カードローンにはどのような返済方法があるのかをしっかりと知っておく必要があります。
銀行カードローン契約時に必要なもの
銀行カードローンも例外なく、そのほとんどが窓口に足を運ぶことなくすべての手続きをインターネットと郵送だけで済ますことができるようになってきています。
銀行カードローンの金利
とある銀行のカードローンの金利は「年4.6%〜年14.6%」と設定されています。一見、他の貸金業者と比較するとかなりの低設定のように思われますが、この金利は借り入れる金額に応じてその設定が変わってきます。
銀行カードローンは返済計画をしっかりと
借りたものは必ず返さなければならないのは当然のこと。きちんとした返済計画を立てて、それに基づいて利用しなければなりません。返済についてあまり深く考えずに利用を続けると、返済が家計をどんどん圧迫してしまうことにも繋がりかねないからです。
インターネット銀行カードローンとは
インターネット専業で店舗をほとんど持たずいろんなコストを抑えた営業が行なえるため、格安の手数料を実現できるほか、一般的な銀行には今までなかったようなサービスを提供したりしています。
銀行ATMで銀行カードローンに申し込める
ATMの銀行カードローン利用申し込み画面は、実はどなたにでも出るものではないのです。ATMの操作中に申し込みの画面が出てくる方は、すでに審査に通っていて、あとは申し込みの手続きさえ済ませれば、すぐにでも銀行カードローンを利用できるという方に限られています。
銀行カードローンの限度額
一般的な消費者金融会社の融資限度額が300万円程度となっているのにたいして、銀行カードローンはその多くが500万円を融資限度額としています。